よくやった!イチロー

 最後の試合が終わり試合が終了となったあとも、拍手とイチロー・コールが鳴りやみませんでした。野球ファンを魅了し続けたイチローとの別れは本当に名残惜しかったようです。

 彼の事はたびたびメディアでお目にかかっていたのでそれなりに人柄まで身近のこととして、我々の心に焼き付いています。

 通常大リーグといえば、米合衆国をアメリカたらしめている、アメリカ文明の。象徴の本丸です。

 世界中どの時代でもどこでも、能力的には徹底的な差異があるわけはないのですが、そのわずか能力の違いを競わせて、勝敗を決めて一位のものだけが社会の賞讃と富が集まるようにする…それがアメリカの文化です。大リーグではホームラン王かベストピッチャーだけが脚光を浴びるような世界です。

 その文化がイチローのおかげで少しずつ変わり始めたそうです。イチローの地道なうまずたゆまずの真摯な練習にいそしんでいる姿が仲間たちの心の琴線に触れたようです。大リーガー達の野球に対する精神のありようが変わったとアメリカのメディアまでも報道してくれました。

 彼が報道されるたびに思い出されるのは「一所懸命」という言葉です。臨済宗では「どこにいてもそこで本物になっていれば、真実の世界になる」と説いてきました。

洞雲山 江岩寺(臨済宗妙心寺派)

江岩寺は、愛知県小牧市北東部丘陵地帯の大山区に位置しており、緑豊かな自然環境のなか小牧市最高峰、標高約300mの天川山を背景にして静かに佇む山寺です。 山の中腹に大山寺塔跡、兒神社(ちごじんじゃ)不動堂、 そしていくつかの古墳、麓に江岩寺と薬師堂があり、 これらが連なる開析谷一帯は国の史蹟に指定されています。